その不安やストレス愛撫するためのものだと理解してください

乳首に刺激を感じた指先

しばらくし、自業自得だよ……綾ちゃんがつぶやく。確かにそれは正しいだろう、だけど何故ハルカがそんなことをしたのか理解できなかった。ハルカが捕まり1週間経った……。まだ前の店は営業している。警察の摘発はまだだった。しばらく時間をあけてからとでも考えているのか、何も起きない静けさがやけに怖かった。だけど私達は相変わらずこの町で働いている。
ここが落ち着くからだ。昼に目覚め、そのままいつも行くパチンコ屋で遊ぶ。
夕方になりご飯を食べ、一度お互い仕事場に戻る。営業が終わればそのまま店の女の子達と飲みに行くのだ…..こんな生活をしていた。綾ちゃんは昼間から働くことも多かった。だから前と変わらずお金も稼げ、羽振りが良かった。たった1つ年上なだけ。だけど私からしてみたらすごく大人に見えていた。普段は友達だけど、私とハルカのちょっとした保護者のような感じ……。私の履いている靴が汚れれば、店に行き新しい物を買ってくれた。私が遊んで終電を逃せば、『タクシーで帰って来い』とお金を持って店の前で待っててくれたり。ちょっとした物も全部綾ちゃんが買ってくれたんだ……この時綾ちゃんはまだ17歳だったんだ……。
そんな17歳には、普通の女子高校生がするような恋はできなかった……。ある日、綾ちゃんんに好きな人に会わせたいと誘われた。私はすごく興味があったのですぐにOKした。じゃあ、今電話してみる!綾ちゃんはすぐにその好きな彼に電話をした。
「今から向かうねっ!!車で10分くらいだと思う」待ち合わせをするとタクシーに乗り、綾ちゃんの地元に向かった。10分くらいですぐに着いた。実花、こっち~!!タクシーを降りると綾ちゃんはもうすでにワクワクしている感じだった。恋してるんだな……。私も、綾ちゃんの好きな彼に会うのに少し緊張した。
近くのファミレスに入る。
あっ、お待たせ!!彼を見つけると綾ちゃんはすぐに駆け寄った。どんな人……??そこに居たのは白のスエットに太い金のネックレス……。キリっとした細い目の男の人だった。う、ヤンキー???私は少し緊張した。するとすぐに彼に話しかれられた。よろしくねー綾の友達?「あっ、実花です!よろしく」俺ねー、ツッチー!!え……。自分のことをあだ名で紹介……?ちょっと変わった人だなと言うのが初めの印象だった。それから席に座り綾ちゃんを中心に会話をしていると、ツッチーは中国人というのが判明した。確かに少し靴りがあったけどすごく日本語がうまかった。いや、日本人って言われてもわからないくらいだった。ツッチーはやっぱりヤンキーみたいな感じだったけど。そこら辺の中途半端な感じのヤンキーとかではなくて筋の通った男の人だった。
会話をしていても私に気を使いながら楽しませてくれた。その後、ツッチーの後輩の男の子達も集まりみんなで遊んだ。もちろん他の男の子達も中国人だった。みんなで日本に来たのだ。後輩の男の子達にもツッチーはすごく気を使い優しかった。
そんな緋が感じられた。友達というよりは〔兄弟]その後、ツッチーの武勇伝を聞いては、引いてしまった自分もいた。
だけどそんなツッチーを誇らしげに見つめていた、綾ちゃんがいた。いつもの綾ちゃんじゃなかった。ツッチーの前では本当、1人の女の子だった。それが私には新鮮でかわいく思えた。ツッチーがすべてお会計をしてくれて店をでた。そして何時間か話した後、「今日もごちそうさまでした!!」後輩達がツッチーにお礼を言った。ごちそうさまでした!私もお礼を言う。
「いーの!!女の子はお金払わなくて!」

錦糸町の風俗サイトを見ている

  • 先が思いやられる亀頭
  • クンニを課しています
  • バイブの親玉のよう

デリヘルこれは自分の指定した場所に女の子を派遣してもらうデリヘルは深夜もバンバン営業していますと、かっこよく言ってくれた。ツッチーの横で綾ちゃんはすごく満足そうな顔だった。その後、店に戻るためツッチー達とは別れた。帰りのタクシーの中。綾ちゃんは、ツッッチーの話しばっかりだった。
「マジ、かっこいいでしょ?なんかね、綾………本当隣に居るだけで幸せなの……」すごくいい人だね!会えてよかったよ「うん!隣に居るだけで幸せ……。そんな恋、私もしたいな。すごくうらやましかった………。私達は店に戻ると休憩室に入った。今日はお客さんの流れが悪いらしく、暇だった。ちょっと駅行ってお客さん連れてきてよ!!」実花!私は店長に頼まれ店をでた。駅に着くと確かに全然人がいない今日は厳しいな。その時だった……。
何かいつもと違う雰囲気…やばい!!私の目に入ってきた光景。それはハルカの働いていたビルから何人もの私服警察官がでてきた。とうとうこの日が……。摘発されたのだ。ハルカの店以外からも警察官はでてきた。しかも、この日のために違う店と合計3件の摘発だった。私はすぐに店に走り戻った。やばい……。店に着くと私はすぐ店長の所にに駆け込んだ。
「やばい!あのビルに今摘発はいった!!早く綾ちゃん出して!!」そうか……。まさかだな店長もまさか今日だとは予想してなかった。
そして休憩室に待機していた綾ちゃんを連れ出し私は店を出た。この日のことはすぐに新聞に掲載されていた。その後、以前の店の店長も捕まったと五十嵐さんから聞いた。ハルカのちょっとした好奇心から始まってしまったこの事件。結局店も営業できなくなった……。そしてハルカはこれからもっともっと辛い思いをしていくことになった…ハルカが鑑別所に入って1ヶ月過ぎた頃だった。突然ハルカから連絡がきたのだ。もしもし……?実花?ハルカ??!!え??うん……。マジごめん心配したんだから!!!マジ、
私は思わず涙がでた……。最後にあんなハルカの姿を見てから今日までずっと心配だったから。
その後、店が営業できなくなり店長が捕まったこともすべて話した。
「そっか……でも私は悪くない。店長だって悪いもん!いい気味だよ……」意外な答えだった。まったく反省していなかった…。むしろ、悪いのはすべて店や店長の責任だと。
「……。ハルカ、それはないよ……店の女の子も働けなくなったんだよ?」
「……。てか、実花ちょっと会いたいから行くよ!!」今日も仕事?やめな。今こんな状況で顔なんてだしたら……え?「関係ないよ!店長だって捕まっていないわけだし………」強引なハルカ。私の意見も聞かず結局、来ることになった。PM1800私の仕事が始まる前にハルカと待ち合わせした。私が駅に着くと、そこに少し痩せたハルカが待っていた。実花~!!!私を見つけるとハルカが駆け寄ってきた。……。ハルカ久しぶりの元気そうなハルカ。実花に会いたかったんだから!!毎日毎日、考えてたんだからね!!マジ、「……。私だっていきなりハルカがこんなことになったから心配してたんだから!!」私達は1ヶ月ちょっとの時間を埋めるようにその場でしゃべった。その時だった……ハルカ!!!!!駅の階段からする声。
私はふと見上げると綾ちゃんが立っていた。あっ、綾………と、声をかけた瞬間ハルカが私の手を引き早歩きで逃げたのだ。

 

すごく給料低いんアソコとクリを舐めバイブのスイッチをとにかく止めたかったがそれも許されず

ちょっと、綾ちゃんだよ!!私はハルカの手をひき足をとめようとするハルカ~!!実花~!!綾ちゃんが私達の名前を叫んでいた。しかしハルカはそれを無視しすごい勢いで逃げた。そして声の聞こえないところまで逃げるとハルカの足が止まった。
「はあはああ……。ちょっと何よ!!」走り疲れた……私「いや……。会いたくなかったから」
「何で?綾ちゃんだって心配してんだよ!」怒ってるに決まってる……してないよ!……。何言ってるの?会いたくないの!!!自分勝手なハルカ。
気まずい気持ちは確かにわかる……。だけど、逃げるのは筋が通ってない。この町にいる限り絶対に逃げれない。結局その日は私の説得も伝わらなかった。仕方なく2人だけで食事に行った。
「ハルカ!私がご馳走するからさ?」好きなの食べて?……。実花も稼いでるんだ?まぁ、それなりにね!「私、これからどうしようかなあ……」
「……。しばらくは、普通のバイトしてみたら?」

。時給何百円でなんて働く気しないよ

………………………そっか「そんなの馬鹿らしくて働けないね!!」数時間で何万も稼いでいたハルカには普通の仕事なんてできなくなっていた。16歳のハルカはもう普通の金銭感覚ではなかったから。
それがこれからのハルカをもっと壊していった……。それからしばらくハルカは仕事をしなかった。だけど常にお金は持っていた。ハルカの店が摘発されて2ヶ月になる夜だった……。
相変わらず、私はキャッチ。ハルカと仕事終わりに遊びに行く予定。今日は、まだ仕事中だったが、ハルカは暇だったらしく私の所に来た。
「実花~暇すぎてきちゃったよお!!」
「まだ終わらないよ~?今日はまだあんまり案内できてなくてさぁ!」
「じゃあ、私手伝ってあげる!!」ハルカは私の持っているビラを半分取った。キャバクラどうですか~??ハルカも一緒に声をかけてくれた。
「今の時間だったらお安くしますよ~??」2人で声をかけまくった。そのおかげで、3組案内ができた。
「マジ、ハルカありがと~!助かった!」
「いやぁー私もこの仕事向いてるかもよ?」あはは………そうかも!ハルカと駅のベンチで休憩をした。私はジュースを買い、
すると後ろで聞きたことのある声がした。

デリヘルで遊んでい
ピンクサロ一般にピ
お尻から氷をはずすと平手で二三度ぶ
「あーこんばんは!!大変でしたね」久しぶりっす!「本当、この何ヶ月……きつかったわ」ドキっとした……。そっと振り返ると………。捕まっていた店長がいたからだ。やばい……ハルカと一緒だ私は小声でハルカに「今、後ろに店長がいる。絶対に後ろ見たらダメ……」と伝えた。ハルカも一気に緊張した。それを聞き、「マジ?やばい……逃げたい」
「うん、逃げよう!ハルカだけ、逃げて!!」……。
今大丈夫?
私はまたそっと後ろを振り返る。その時だった……。おい!実花!!目が合ってしまったのだ……。もう無理だ、終わった……そして店長は隣にいるハルカに気ずくとものすごい顔で近つづいてきた。その瞬間。ハルカが逃げた……。ものすごい勢いで走っていく。殺すぞ!と店長が走り出したのだ。おい!それを見た瞬間やばい……。逃げきって……私は恐怖のあまりすぐに店に戻り綾ちゃんに話した。
「店長が今駅にきて、ハルカを追っかけてる!!」
やばい!!え?やばくない?
「やばいよ…あんな逃げ方………捕まったら殺される」
「私、店長に電話実花、駅にいて!」するから!「……わかった!お願い……ハルカを逃がして」私は恐怖で涙がでてくる……そして1人駅に向かう。
ハルカのケータイにも電話をするが出るはずもない捕まったの……?私はただ呆然と駅で立ち尽くす。
「おい!お前の相方、終わったな」と、キャッチ仲間のおっちゃんが声をかけてきた。うん……。どうしよう…………。自業自得だ……。ハルカお前ももうあいつに関わるな……。友達だもん「お前もこの町で働けなくなるぞ?」
T......「相方は、この町で働くのにルールを破ったんだ。本当なら今ここに来ること自体おかしいぞ」……。だけど「許されないことをしたんだ……罪は重い」おっちゃんは私のポケットに飴玉を入れて仕事に戻っていった。それを言い、……。ありがとう私はもう一度ルカに電話をする。やっぱりでなかった……。その時、青ざめた顔をした綾ちゃんが駅に向かってきた。この時、私はハルカが捕まったんだと確信した。
「……。ハルカが捕まった……。今店長と一緒にいる」やっぱりだ……。どこにいるって??どこ?「ん、今から店に向かうって。だから私行ってくるから!」私も一緒に行く!!「え?私も!私が行くから大丈夫」やめな!

 

セックスについて表に出しては行けないと言う文化に育った親であれば

心配嫌だよ!なんだ……きっとこの時、綾ちゃんは私を守ってくれようと思って言ってくれてたんだ。だけど私は心配だった。以前、店長から聞いた事があった……。
「昔な、店の女に金を貸したんだ。その子も事情があってな。
だけど、そいつは俺を裏切って金と一緒にバックれたんだよ。それで俺は頭にきて家を調べて捕まえたんだ」その時店長はその女の子を車に乗せ、山に連れてったという。
「それで俺はな、そいつを全裸にして木に縛りつけ頭から酒をかけたんだよ……何でかわかるか?」……。まったくわからない「酒の匂いで虫が寄ってくる。1匹2匹じゃないぞ?すると大量の虫が体じゅうに集まりかゆくなって失神するんだよ、その女はかゆすぎて気がおかしくなっ山だからな。ははは……」てたよ!私はこの話を聞いたとき、ものすごく怖かったのを覚えている。普通の人ならこんな事考えつかないだろう。キレたら何をするかわからない………そんな人だった。だからそれが今回はハルカに向けられる……そう思ったから。私は綾ちゃんを説得し一緒に店に向かった……。もう営業していない店はものすごく暗く怖かった。
そして奥の事務所だった場所から声が漏れてきた。どうなるかわかってんな??お前!すごく怒った店長の声。やばい……。
綾ちゃんは声を聞くとすぐに部屋に向かった。
「店長!!ちょっと落ち着いて!!」………おう綾!来たか実花も一緒……「そうか!それより、この女どうするか?綾も仕事なくなって大変だもんな?」部屋に入ると椅子に座ったハルカがいた。顔も強張り、肩が震えているのがわかった。
「ちょっと!!店長、1回落ち着いてハルカの話聞こうよ」おう……店長は綾ちゃんに説得させられ一度冷静に戻る。
「お前、なんで警察に捕まった時、この店の名前だした?」低い声でハルカに聞いた。
「それは……。私が大金を親の目につく所に置いてたから……怪しまれたんです」ふーん。お前は馬鹿か?はいお前がやったことわかってるのか?はい、じゃねーだろう?……。はい俺のよーかわいい女の子達にも迷惑かけて店は摘発されて営業反省してます……できないわ、反省する気あるのか?「言ったな?じゃあまず、俺への慰謝料で100万返せ」
「え……。そんな大金ありません」
「はあ?お前なめてるのかぁ?こらあ!!」店長が再びキレはじめた。
「店長!

錦糸町の風俗サイトを見ている

肉棒はもう半勃ち挿入していただき

100万なんてハルカ返せないよ?」綾ちゃんがハルカをかばう。私は何も言えずただ黙ってることしかできなかった。
ハルカを見るとますます顔が引きつっている。
「100万で罪がなくなるなら簡単だろう?」……。だから店長!!綾ちゃんが説得する。それが無理なら本気でお前を埋めるぞ?こいつはな、反省してるって言ったんだよ!だからやってもらうよ!店長の脅し?いや、この人なら本気でやる。
怖かった。その時「……。時間かかるけど返します」震えた声でハルカが返事した。
「おう?まず10万円分の仕事をしてもらう」じゃあ頼むな?なら、……え?なんですか?店長はニヤリと笑うと誰かに電話をした…。……。何をする気なんだ「じゃー待ってますよ!楽しんでくれよなぁ」用事を伝えると電話を切った。ね?どう言うこと?綾ちゃんが店長に聞いた。ふふ………もうすぐわかるよ不気味な笑み……ものすごく怖い……それからすぐに誰かが店に来た。
うーっす!部屋に入ってきた、太っている男。おつ!どの子っすか?こいつだ!!店長がハルカを指さした。

「おーいいじゃないっすか!タイプっす」好きなようにしてくれ!「マジで~やベ~マムシドリンクもう1本飲んじゃおうかな~」店長はこの男にハルカを一晩好きにしろと言ったのだ。
「こんな楽なことして10万円も借金引かれるの嬉しいだろ?」店長はニヤニヤ、ハルカに言った。……。いやですハルカが抵抗した。
「はあ?お前、今なんて言った?」……。無理です「はあ??お前、なめてるのか?」T....「おい!くそ女!聞いてるのか?」
「……。うう、ちゃんとお金で返しますから……」
ハルカが泣いた………それでも店長は容赦しなかった。もうここに居てハルカを見ているのがつらい。
「今、私を少しお金あります………今日はこれで勘弁してくれないですが?」私は財布から5万円差し出した。綾も、少し持ってる……これはハルカの問題だ!無理だ!店長はお金を戻した。
「ねぇ?もう俺早くしたいんだけど!」太った男が言った。この気持ち悪いブタ男……。私は悔しかった。
こんな男にハルカを好きにさせてたまるか……。その時「……。もういいです。好きにしてください」ハルカが何かを覚悟し言った。私と綾ちゃんがお金をだしたのが嫌だったのだろう。ならすぐにこいつと出ろ!………おう!ハルカが答えると店長はすぐに男にハルカと行ってこいと言った。ニヤニヤした男。