デリヘルで遊んでい

下半身が自在というんでしょう

席に着くとメニューは見ずにとりあえず生4つで!と注文をした。私はそんなヤスのペースにハマっていた……じゃあお疲れ~生ビールが来ると皆で乾杯しヤスはグビグビおいしそうに飲んでいた。うわぁーマジうめー
本当おいしそうに飲むねそんなヤスを見て由美が笑った。
「いや俺さずーっと喉渇いてたんだけど、絶対ビール飲むって決めてから何も飲まなかったんだよねだから我慢してた分マジうますぎた」あははははあ~その発言にみんな笑った。おかげで一気にみんなが盛り上がった。それから2時間あっという間に時間は過ぎた。すごく楽しい時間だった。ちょっとトイレ……私はバックを持ち席を離れた。鏡の前でメイク直し……バックから化粧ポーチを出そうとするとケータイが光っていた。……。誰だろう着信1件ケータイを開く。
綾ちゃんだ………私はそのままかけ直した。
プルルルルーもしもーし「あ、ごめん!今気づいた!」
「実花、ヤスとデートしてんだぁ??」いや……デートじゃないよ店長が実花は男とデートだって言ってたけど「本当お?ったく。今日は私の高校の友達も誘ったんだ!」
「はあー!!今日はじゃあ店戻ってこないね?」そうなんだぁいや帰るよ!
せっかくヤスと居るのに?「……。だから関係ないでしょ!」
じゃあ帰ってくるなら連絡してよはいはいうんわかった「じゃあねーあんまり飲みすぎないよーに!」綾ちゃんと違って大丈夫ですこんな感じで電話を切った。綾ちゃんは心配して電話をくれたんだ。この前のハルカの事があったばっかりだし……私はそんなことを考えながらビューラーでまつ毛をあげた。そしてグロスを塗ってトイレを出た。席に戻ると相変わらず皆楽しそうにしている。あ、おかえりー!!え?ただいま由美はもうイイ感じに酔っ払っている。その時だった。実花は?
彼氏!!

デリヘルで遊んでい

  • デリヘル嬢は乳首を転がすのだはううう一気
  • 人妻デリヘル嬢の秘所
  • 風俗嬢だと言い張るから大丈夫愛撫し始めた挿入する

セックスをされよう風俗で股間をす乳首を中心……。え?何が?ヤスに突然聞かれた。だから今彼氏いないの??……え、うんどうやら私がトイレに行っている間に恋愛の話をしていたみたいだ。
ヘー………私の答えに関心ない感じだった。
「じゃあ今まで何人と付き合ったことあんの?」私は数えることもなくすぐに答えた。
1人だけど!!その答えに……。皆が驚いたえー??マジで一??私は何でそんなに驚かれたのかもわからない。そうだけど!何で?少なすぎるよ!!!由美が笑いながら言った。
「……。え?由美は何人なの?」
「私は8人くらいじゃん?ヤッた人だけもいるからそれいれたらわかんないけど」……。嘘??「本当実花若いのに遊んでないんだねー」まさか由美がそんなに彼氏が居たとは知らなかった。
私って少ないのか………?しかもヤッただけの人もいるんでしょ??すごいなー………私はただただ変に感心していた。
「てか2人もそのくらいいるの??」私はヤスとマリオにも聞いた。おう。そんくらいじゃん!一応付き合うしょまあ、俺はヤッただけの女とかはいないけど!ヤスがニヤニャしながら答える。……。あ、皆すごいね!「てか若いうちに遊ばないと損するから」いやーマジびっくりだよ私は「いや実花のがびっくりだよ!!私の周りみんなチャラいし」由美が楽しそうに笑う。結局このまま由美のチャラい体験話しが始まり解散した。

意外にもヤスは終電間に合わなくなるぞ!!と私達を心配してくれ早めに店を出て駅のホームまで送ってくれた。
「じゃあ俺達はホーム逆だから!またな」ヤスが私達に手を振る。うんバイバイ私も手を振った。由美と2人……渋谷駅のホーム。帰宅するサラリーマンやギャルで溢れている。こんな電車乗るの嫌だ……由美が言った。私も無理……そして私達は改札をでてタクシーで帰宅することにした。由美もたまにしか電車には乗らないらしい……。腕には新しい高級時計をしていた。今はホストにもハマっているらしい……。
「私、ホストで一度に100万使ったこともあるよ」

 

特別に心配はしていプレイの内容につい

鼻高々言っていた。そんな由美の話を聞いて私ももっと稼がなきゃ……そう思った。これがまた私の変なヤル気になってしまった……。人間はどんなに満たされていると思っていても、自分の上を見た時に満たされていなかったことに気づくんだ……。私は由美と別れた後、今のもっと上を目指したいと考えていた。
「だけど、私は由美と同じ稼ぎ方はしたくない」と強く思った。由美が2時間3万円なら私は20分で1万円が欲しい。どうしたらいいか……。その時、由美が言った言葉を思い出した。若いうちに
そっか!!私はまだ16歳だったんだ。本当なら制服を着た女子高校生なんだ……。
私はこの仕事を始めてから同じ年くらいの高校生を見るたびガキだなぁ……と思っていた。いつの間にか自分を大人だと思っていた。だけど16歳と気づいた今、これを利用するしかない!私はすぐにケータイを開く。そして出会い系サイト[アユミって言います。にアクセスした。誰かアユミの生脱ぎパンツ欲しい人いないかなぁ??1枚1万円だよおよ高校生だよ。これをサイトの掲示板に載せた。オヤジは高校生って響きだけで惹かれるんだ。私はワクワクしながらオヤジ達からのメールを待った。すると3分もしないうちにオヤジからメールが届いた。『高校生大好きアユミ様のパンツ是非買わしてください』……。
キモっ
そんなこと思いながらも私はすぐにメールを返信した。『いいよ!明日指定した場所までこれる?』『うん、必ず行きます!!よろしくお願いします』その後も何度かこのオヤジとメールを交わし明日の約束をした。そして他にも何通かのメールをピックアップし、メールを返信した。……。絶対うまくいく私はすでにワクワクしていた。そんなことをやっているとタクシーが駅に着いた。
私はタクシーを降りるとそのまま綾ちゃんの待っている店に向かった。店の電気はもうすでに消え、ドアの鍵も閉まっている。私は綾ちゃんに電話をかける。
プルルルー…………はい?どした?「今もう店の前だから鍵開けて」あ、マジ?わかったーそして綾ちゃんがドアを開けてくれた。
おかえりー早いじゃん「うん!男達は終電で帰ったからさ」
「そうなんだ一実花も電車で帰ってきたの?」
「いや、タクシー。あんな人いっぱい乗ってる電車なんて乗りたくないし……」……そりゃそうだそして待機部屋に入り冷蔵庫からお茶を出しドカッと座った。……。ふうお茶を飲むと私は自然とため息をついた。どうだった?ヤス綾ちゃんはニコニコしながらタバコに火をつける。うーん。わかんない「はあ?わかんないって何よ!」
「いや、正直私恋ってどんなものかわかんないんだもん……」
「え?
実花今まで好きになった人いないの?」
「うーん……彼氏はいたけど本気で好きとかそんな気持ちじゃなかったなぁ」綾ちゃんが驚く。
「えードキドキするとかさー!!ヤスに感じなかったわけ?」
「いや、確かにマリオよりはヤスのがいいなあって思う」……マリオって誰?「あっ!ヤスの友達……マリオに似ててさ」
「あっそ……そんでじゃあまた会いたいとか思う?」
……。うん会いたいって思う「ヘーそれが恋じゃん恋なんだよ!!」綾ちゃんのテンションが上がる……「マジ?じゃあ私ヤスのこと好きだ!!」
「……。あはっ、実花って単純だわ」え?何で?「いやあ~まぁじゃあ実花はヤス!綾はツッチー!お互い両思いになれるように頑張ろうね」

勃起してしまっているものを何とか我慢
お尻から脚にかけて風俗店の方が可愛い娘がいるはず
風俗と言えると思い
うんこんな感じで……恋の話しができる日が来るなんて思ってもなかったなぁ翌日…………店がオープンしてから綾ちやんは2本お客さんが付き、いそがしそうだった。
「……今日は人の流れがいいなぁ」私もすぐにメイクし今日はちょっと早めに駅でキャッチすることにした。駅に立ってすぐ20代後半くらいの2人組が歩いてきた。……。これいけそうだな私はいつもの感じで声をかける。
いい店ありますよ~するとすぐ声に反応し足を止めた。
「マジー?それどんな店?」
「ヘルスなんですけど、かわいい子いますよ」
「本当~??かわいい子とか言って体はデブとかなんでしょ?」
「いやいやあ!マジでかわいいから」指名とかできんの?1人の男が食いついてきた。
「もちろん花びら3回転とかもありますよ」
「いや、俺3人も相手にできないから」もうすでに男達はテンション上がりノリノリだった。
「じゃあとりあえず店まで一緒に行きましょ写真とか見るだけでもいいし!」まーじゃあ行くか!「はーいこっちになりまーす」こんな感じで店に着くまでもずっとテンションを上げ続けて結局2人ともキャッチにできた。ありがとうこございます頑張って2人が待合室に入る。実花ナイス受け付けから店長がガッツポーズをする「まぁね~私の手にかかればチョロイもんですょ」
「おつ!じゃあ早くまたお客さん連れてきてよ」は一いそして私はまた駅に戻る。人の流れはイイ……どんどんキャッチしよう。そしてまた今度は1人でチラチラいろんな店を探し、歩いてくる40代くらいのオヤジが来た。……これ行くわ私は確信し近づいた。イイ店ありますよ私はニコッと笑いオヤジに声をかけた。……。それどこボソッとしゃべり足を止めた。
「店はもうすぐそこなんですけど今ならかわいい子いますょ」………いくら?「コースにもよりますけど通常60分で10000円になります。」
………うーんそれを聞いてオヤジは少し考える。
「……いいや、もうちょっと探してみる」食いつきが悪い。何がダメなのか………「なんか希望とかあるんですかあ?」
私は行こうとするオヤジの足をさらに止めた。……いや本番したいからオヤジはボソッと言った。そっか……綾ちゃんならケるかも。
「うちの店、内緒で本番できる子いますけど?」その言葉にオヤジが食いつた。……本当!?ただし店には内緒なので、普通に通常60分で入ってもらって中で女の子とお金の交渉してもらう形になりますけど!はい………それ名前何て言う子?よし!イケる!「綾って名前の女の子を指名してもらえば、私が話しておきますよ」……その子かわいいの?「もちろん普通に指名も多い子なんでよかったら写真もありますから店行きませんか?」
……じゃあ、行こうかそして私は店にオヤジを連れて行った。ここになります。私は店の外に貼ってある綾ちゃんの写真を見せた。これ綾ちゃん……いいじゃんどうやら気に入ったようだ。
「じゃあご案内しますか?綾ちゃんには本番伝えておきますから」私は小声でオャジに言った。
うんよろしく頼むよはいわかりましたJお客様で一す私は元気よく店に入る。いらっしゃいませその声に店長も受け付けから顔を出した。
「綾ちゃん今お客さん付いてますか?指名なんですけど!」店長に伝える。綾ちゃん空いてますよ「じゃあ綾ちやん指名で60コースお願いします」

 

亀頭を触るのはもってのほかです本番

はいありがとうございます私は店長にオヤジをまかせるとソッと女の子の待機部屋に向かう。あっ、綾ちゃん今大丈夫?おう!タオルを巻いたままタバコを吸っている。
「あのさあ、今から綾ちゃんに付くお客さんなんだけど本番希望だお金は綾ちゃんと交渉してって伝えてるから!」からお願い!周りに聞こえないように小声で話す。
「あっまぢ?今日さっきから30分コースの短い客多かったから助かるわ」サンキューやっぱり綾ちゃんは本番のがよかったみたいだ。
「うんじゃあよろしくお願いします」そして私はそのままフロントに戻った。オヤジはすぐに案内された。
いってらっしゃい店長の声で
カーテンからタオルを巻いた綾ちゃんがオヤジにニコッと笑い、手をとり部屋に入って行った。………ふう疲れたぁ私はそのまま受け付けの奥のパイプ椅子に座り休憩した。
実花またまたナイス店長が缶コーヒーをくれた。
「うんてか今日駅の流れがいいもん」
「そっかあ!でも実花が連れてきた客は全部60コースだしイイ客だよ。さっきの2人も結局指名とオプションも付けたから客単価上がったし」
「へ~オプション付けたんだぁ」
「うん、1人がストッキングでもう1人がコスプレ希望してたよ!」なかなかやるね実花の歩合も増えたしな!まあね「まだまだ頼むぞー!綾も元気だしな!」はーいそして15分ほど休憩し、また駅に向かった。じゃあ行ってきます!「頼むぞ~実花に期待してるからな!!」その言葉が嬉しかった。嬉しいって言うか……もっと稼いでやるって。エネルギーになったんだそして私は駅に着くとケータイを開いた。タ方、パンツを売るオヤジと待ち合わせをしている。
「……マジで来てくれんのかなぁ」私にとって初めての仕事。もしこれがうまくいったら由美やハルカ……綾ちゃん達よりも楽に稼げるかもしれない。
私はドキドキしながらも期待でいっぱいだった。
……メールしてみよう私は今日約束してるオヤジにメールを送った。『今日6時に○○駅で待ってます』送信…………「マジ、バックレとかだったら許さね~し……」そんなこと思っているとすぐにメールが届いた。『アユミ様。大丈夫です必ず行きます』よかった……一安心した。そして約束の時間まで駅でキャッチをしていた。PM1730ピピピ~メールが届く。『アユミ様。今着きました。どこにいますか?』早っ……それと同時に一一気に緊張してきた。……えっどこだろう?私は駅のバス停に隠れそれらしきオヤジを捜す。だけど1人で立ってるオヤジは何人もいるしわからない。

風俗通いがバレていたかもしれませんそうなる

デリヘル嬢お尻の中には五センチの金属棒が突き刺さっているのも事それが腸だけではなく膣

『私もうすぐ着くけど、駅のどこらへんにいますか?』メール送信……返事はすぐに帰ってきた。『駅の階段の後ろにいます』そりゃ見えないよ………私は深呼吸をするとゆっくり駅の階段に向かい歩いた。

『……あーやばい緊張する気持ち悪いオヤジだったら嫌だなぁ』そう思うとハルカや綾ちゃんはそんな初めて会うオヤジとホテル行くんだもんなぁ……。すごいや……そんな事を思いながらも階段に着いた。私はゆっくり階段の後ろに回る。あ、アユミ様?……。あ、はいそこに居たオヤジ………いやオヤジにしては若すぎる……少し太っていてリュックを背負っている。相手も緊張しているのか、挙動不審だ。……。えっと2人とも緊張していたのか言葉がでてこない。だけどこれじゃダメだ。私は開き直り話しかけた。
「じゃあさっそくパンツなんだけど……どーする?」その言葉に少し相手がニヤけた。
「アユミ様にまかせます。
お金はありますから」任せるって何だよ………「じゃあもう一度確認するけど生脱ぎで1万円でいい?」だけどここじゃ生脱ぎ大変だからアユミ様、トイレで脱いできてそれをボクにくださいはい。生脱ぎしなくていいの?え………?「……あっ、わかった!じゃあここで待っててくれる?」はい待ってます!私は少し思っていた感じと違うのに違和感を持ちつつも1人駅のトイレに入るとパンツを脱いでポケットにしまった。そして本当にあいつは待っているのか……
そんなことを考えながらも小走りで階段へ向かった。あっ、おかえりなさい!タバコを吸ってちゃんと階段の後ろで待っていた。
あっはい………これ私は周りに人がいないかを確認するとポケットから素早くパンツを出して相手に渡した。………ありがとうするとニッコリと初めて笑った。そしてポケットから結麗に折りたたんだ1万円を私に渡してくれた。……ありがとうございますたった5分の出来事だった。私の手には1万円。こんなに簡単に1万円を稼いでしまった……。そしてあまりにもコイツがイイ人に見えたのでケータイ番号も教えた。
あんた名前は??村上って言います「てか、歳いくつなの?私もっと老けたオヤジが来るかと思ってたからさぁ」ボクは29歳です…………マジ?若いんだね「そうですか?嬉しいです」
「あっ、うん。じゃあまたパンツ買ってくれる?」アユミ様の物なら何でも買いたいですはい、アユミ様って……だけど呼ばれて嫌な気はしないのでそこはツッコまなかった。
「じゃあ、私これからバイトだから!またね!」
「はい!頑張ってください」そして村上って男はそのまま駅の階段を上って帰って行った。
……マジ、楽すぎた村上と別れた後、私は1人口ロータリーのベンチに座った……。