彼女との出会いのきっかけはチャットでした人妻デリヘル嬢

デリヘル嬢のアソコ

なんかいいねーカナリ満足しているようだ。そして次に私も脱いだ。オヤジの視線はスカートの中に………おお……低い声だして興奮している。はいどうぞ私はパンツをオヤジの顔にかぶせた。あーいいその姿を見てハルカと綾ちゃんが手を叩き笑う。
そして最後綾ちゃん……。綾ちゃんもオャジの視線を意識して胸の谷間が見えるくらい大げさに腰を曲げた。
そうなるとオヤジの興奮もマックスに。……。君は胸もでかいね……オヤジの頭は変な油汗がでていた。そして脱ぎ終わると私に対抗して綾ちゃんはオヤジの頭にかぶせた。あははははハルカと私は爆笑だった。
「どう?満足してくれた?」綾ちゃんの言葉にパンツをかぶったままのオヤジはコクリと頭を下げた。
「こんな経験できてなんか本当によかったよ」オヤジはカナリ満足したらしい。そして1万円を1人ずつに配ってくれた。
ありがとねー私達はお礼を言った。そしてそのまま残りの時間をハルカが歌いまくってオヤジとはサヨナラした。本当にこんな楽なお金の稼ぎ方していいのか………?私達は楽しくて仕方なかった。
「私、今度からこれ専門で金稼ごうかな」こんな言葉でてもおかしくないほど楽で仕方なかった。やっぱり一生懸命働いて時給750円なんて……私達にはバカすぎる。こんな両手いっぱいの荷物、普通の女子高校生は何十時間働いたら買えるの?私達は、たった数十分で十分だ。
あー今日はマジ楽しかった「うん、マジこの稼ぎ方……いいよ」
「だね、汚いオヤジに指一本も触れられることなくお金もらえるんだもんね」ハルカと綾ちゃんが満足そうにタバコを吸った……
「あーなんか他にも楽しいことないかなぁ?」私は両手いっぱい手を広げため息をついた。楽しいことか……綾ちゃんがボソっとつぶやく。
「うーん………じゃあ綾の男友達と遊ぶ?」ツッチー?「違う!前にナンパされた男なんだけど、よく遊ぼうって電話かかってくるからさ」お、いいねハルカのテンションがあがった。するとすぐに綾ちゃんが電話をした。今何してんの?

本番のセックスは無い

ペニスを筒状に包み込んで腰を動かす

デリヘルは三ヶ月前から始めたばかチ・ウエスト五六センチ

「あ、裕くん?暇なんですけどー」綾~それから5分くらい楽しそうに話していた。じゃあ待ってるバイバーイうんわかった。電話を切ると綾ちゃんが言った。
「今相手も4人で暇してたみたい!これから渋谷まで来てくれるってさ」いえーいハルカが嬉しそうにはしゃいだ。すると……。
「あ、でもちなみに顔は綾まったく覚えてないんだよね……」え?どー言うこと?私は笑いながら聞いた。
「いや、ナンパされてから一度も遊んだことなくて……あはっ」
「えーじゃあ不細工だったら嫌なんだけどー」ハルカが口をとんがらせ言った。
「うーん……不細工ではない。
綾だって一応不細工には番号なんて教えないし」ならいいけど……。
「いやーなんか緊張してきたあ」それから本日3度目のファーストフードで飲み物だけ頼み、相手が来るまで気合入れてみんなで化粧をした。
「てか、うちらこんな気合入れてんのバカだよねー」私はマスカラを何度も塗りながら話した。
「いや、実花………もしかしたら今日運命の相手に出会えるのかもしれないよ?だから手抜いちゃだめだよ」綾ちゃんが笑いながら言った。
「運命かぁ一私………。恋したいな……」運命の相手が本当に今日居たらいいな。そんな事を真剣に考えていた…「私は今日絶対運命の相手見つっける」そんな私の横で一番気合を入れて化粧しているハルカがいた。あー私ハルカがライバルならあきらめるなぁ……。
「あはははあんた達、まだ会ってもいないのに気が早いんじゃない?」綾ちゃんは呆れた感じで笑った。
「いーの!!私もツッチーみたいな人探すんだもん」私はニヤっと笑い綾ちゃんの顔も見る。
「はあ?バカじゃん。
ツッチーみたいな男この世で1人しかいないね」居るかもしれないじゃーん「あんな男らしい奴、どこ探してもいないよ」
「じゃー私も本物のツッチーがいい」殺されたいの?「はあ?あれは、綾のなのよ」
はいはい……こんなくだらない会話をして相手が来るのを待っていた。
恋。

すると綾ちゃんのケータイが鳴る

はいよー?着いた?どうやら相手の男達が着いたらしい。
「わかった。じゃーそこに居て!!バイバイ」電話を切る。
「もう着いたって行くよ」
「いやあーなんか超ドキドキする」ハルカが最後の鏡チェックをする…………。はいはいかわいいよー私は一生懸命、化粧直ししてるハルカに言った。うるさいなー知ってるそして3人で男達の待つ場所まで歩く。ドキドキ……。なんか緊張するその時だった!居た~あれだよ~「あっ、綾ちゃんが居酒屋の前に居る男達を指さした。それは4人組みの遠くから見るかぎり今風な感じの男達……。


エステサロンで普通
エステサロンで普通

射精してもつらい

風俗情報誌をめくるかっこいいぼくないよ」え?ハルカのテンションが高くなる。
「え……私全然顔見えないんだけどー」
「あっ、あの一番背が低い男………あれ裕くんぼい!!」綾ちゃんの記憶がよみがえる…あのニット帽かぶってる男?
うん、確か……そんなことを3人で話してると男達もこっちに気づく……「うわあ……。こっち来たじゃん」裕くんらしき男が手を振り私達の方に向かって歩いてくる。
「やばっ、絶対かっこいい………」
ハルカがつぶやく…そして綾ちゃんも手を振りかえした。裕くん???綾ちゃんが聞く。おうよそーだよ目の前に現れた男……裕くん一番背が低い。確かに顔はもろサル顔だ。うーす。おつかれはじめまして~誰が綾ちゃん??うーす。男達が一気にしゃべりだす……裕くん覚えてる??綾は私です。綾ちゃんが手をあげた。
「もちろん覚えてるに気まってるしー」なら良かった綾ちゃんと裕くんが話してる間……私とハルカも他の男の子にあいさつをした。
「2人も名前は??てか若くねぇ??」
あ、私ハルカ
私は実花ですよ「マジ今日は飲もうぜー」ノリのイイ男達だった……。そしてそのまま7人で居酒屋に向かった。居酒屋に向かう間もみんなで会話をしながら……ハルカの視線は変わらず裕くんを見ていた。
「ハルカ、裕くんタイプなんだ?よ」私はボソッと聞いた。するとハルカがニヤっと笑い私の手をギュッと握った。ならがんばって私はまったく裕くんはタイプじゃない。ハルカとは好きな男のタイプは基本的にかぶらない。でも残念ながら第一印象は私のタイプの人は居なかった。みんなここでいい??先頭を歩く綾ちゃんと裕くんが止まった。
おうどこでもいいよじゃあここ入るか裕くんが店に入る。続けて私達もそして席に案内された。みんな最初生ビールでイイ?裕くんが仕切る。はいすぐにハルカが返事をした。
「お願いしまーす。生ビール7で」ハルカはちゃっかり裕くんの隣をキープしている。
そしてビールが運ばれてきた。裕くんが乾杯の音頭をとった。
「ういーす。今日の出会いに乾杯」
「あはは……なんか合コンみたいで嫌なんだけど!」綾ちゃんが笑いながら言った。えーいいじゃんみんな彼氏いるの?え……いないけど…………。いない「マジ~やベーじゃあ俺も彼女いないんでよろしくお願いしまーす」
「あはははてかチャラいよ」こんな感じで裕ちゃん達が楽しく盛り上げてくれた。それから2時間くらいみんなで飲んだ。てか、カラオケ行こうぜー裕ちゃんの男友達が言った。お一行こう行こうようんいきたあいハルカと綾ちゃんもノリノリだった……決まりだな「おし!

セックス状況を露出ピンサロに面接に来膣の中だけで快感風俗をみだすものであるじゃあ行くか!!」うん!!そして居酒屋を出るとみんなで近くのカラオケに向かった。
「てか、1日でどんだけカラオケ来てるんだろう」私は笑いながらハルカに言った。シー!!内緒ハルカもニヤっと笑いながら裕ちゃんを意識しているようだった。
「ハルカ、裕ちゃんそんなにタイプ?」裕ちゃんと男達が歩く後ろで私はハルカに聞いた。
すると一瞬で顔が赤くなってく…だって、かっこよくない??さっきとは違い小さな声で話す。
「いや、全然タイプじゃないから」私は本音を言った。絶対かっこいいよ一私今日絶対番号聞くうそー?「はいはいハルカはすぐ恋していいね」
「うんタイプの人いないの?」
実花は?うーんまったく興味なし!!「何それー!実花、理想高いんじゃないの?」……。かも!!そんなことを話してるとすぐカラオケに着いた。ついさっき何時間前に来たカラオケ。店の前に着いた瞬間、綾ちゃんと目が合い私達は笑った。なになに??え?裕ちゃんが不思議な顔で見てきた。
……いや、思い出し笑い私が返事をすると裕ちゃんは店の中に入り受付をした。そしてまた綾ちゃんと目が合いお互いニヤけた。
「行くぞ!306号室だって!」はい部屋に入ると一瞬の隙にハルカが割り込み裕ちゃんの隣をまたキープした。綾ちゃんもハルカが裕ちゃんを気に入ってるのをわかっていた。私はとりあえすず適当に座る。隣いい??すると私の横にヤスと言う名前の男が座った。

さっきの居酒屋でもそんな絡んでない男。うんいいよ私は軽く返事をした。てか何飲む?ヤスが聞いてきた。うーん……私はヤスが持ってるメニューをのぞきこんだ。その時だった。
「ちょっと~!!そこの2人!!ラブラブしてんじゃねーよ」私達を見て裕ちゃんが言った。
「……。メニュー見てるだけなんだけど?」私は普通に返事をした。あ、ごめんなさいまた生ビールでいいや!!私はヤスに注文を頼んだ。すると曲が流れ始める……。綾ちゃんが気持ちよさそうに歌いはじめた。
「……やべっ、綾ちゃんマジうまいんだけどよ」
男達が綾ちゃんの歌声に感動していた。てか本当うまいよー私は隣に居るヤスに話した。
「だね普通にうまい実花は何歌う?」てか、……。私はいいやえー歌えよ!ヤスが私に本を渡してきた。
ハルカも歌うまいし、私だけ下手だもん嫌だよー!
そんなの関係ねーじゃん無理無理私は歌いたくなかった。基本的に人が歌ってるのを聞いてる方が好き。歌えばいいのによぉなんだよ!少し残念そうだった。また今度次は歌うから適当に返事をした。綾ちゃんが歌い終わると次はハルカが歌い始めた。おーハルカもうまいじゃん裕ちゃんがハルカに言った。その瞬間だった。ハルカの顔が溶けちゃうくらいニヤけた。本当素直な奴………私はボソッと言い笑った。それから裕ちゃやんも他の男もみんな歌うと、歌ってないのは私だけ。それをまたすぐに裕ちゃんが言ってきた。
「おーい実花もはやく歌ってよ」………私はいいの「えーダメだよ!!歌えって」めんどくさい男。私、裕ちゃんみたいなテンションの男苦手。そんな事を心で思っていると……「実花は喉痛いらしーよ!」横に居たヤスがフォローしてくれたのだ。
「あっ、喉痛いなら仕方ないかぁよ」
裕ちゃんがあきらめてくれた。また今度ごめん!さっきと同じく裕ちゃんにも適当に返事をした。
「マジ助かった!

股間がキュンって……

ありがとう」私はヤスに小声で話した。
「おう!でもマジ今度は歌ってもらうから」はいなんだイイ奴じゃん……。その後もヤスとは話が盛り上がった。そして周りも歌い飽きたらしくダラけていた。マジ~いいよその中でもハルカだけはお気に入りの裕ちゃんと楽しく会話をしていた。その時だった……私のケータイが鳴る。[メール受信……誰??メールを見るとその相手は目の前に居る綾ちゃんだった。『もう疲れた。帰りたくない?』私は綾ちゃんと目を合わせた。カナリ眠そうだ……私はそのまま話しかけた。
ねートイレ付き合って!うん!そのまま2人で自然な感じで部屋をでた。あーマジ疲れた!!!廊下に出るなり綾ちゃんが叫んだ。
確かに……私も眠い「でしょ?もう寝たいよー」ダルそうに壁にもたれかかる。
「でもハルカはまだ遊びたいぽくない?」
「だよね……ちゃんのことカナリ気に入ってるぽいし」うん気に入ってるね!実花は?誰かいた?「あはっ、合コンじゃないんだし!気に入るとかないんだけどー」
「そっか、綾もツッチー以外の男に興味ないし」……ノロケんなそして結局そのまま部屋に戻った。するとハルカの膝マクラで横になっている裕ちゃんがいた。2人はカナリ酔ぱらいイチャついている。ぷっ、マジうけるしそんな2人を見て綾ちゃんが笑った。しかしそんな声も聞こえないらしく……2人はみんなの目の前で堂々とキスをした。……。
マジありえない
私は2人を見て引いていた…綾ちゃんもそんなハルカを微妙な顔で見ていた。しかし周りの男達はもう1回と2人を盛り上げる。……。やめなよ私の声は男達の声で消された……「……。私帰る!綾ちゃん行こう!」
バックを持ち帰る準備をした。私はそれを見て綾ちゃんも残りのお酒を一気飲みした。
すると他の男が私達の手を引っ張った。俺達もラブラブしようぜ帰るの?酒に酔い、怪しい目つきでニヤけた。
「……離して?あんたに興味ないんだけど?」私はムカつきそいつに言った。すると今度は違う男も綾ちゃんにホテル行こうと引き止めた。こいつら………最悪!「無理!!私彼氏いるから!!」綾ちゃんがそいつを振り払う。
するとさっきの態度と180度変わり男達がうちらに文句を言った。
「ちっ、なんだヤリマンって聞いてたのによ……」援助交際してんだろ?うちらをバカにした発言。……。最悪私はそれ以上何も言わず、綾ちゃんと部屋をでた。悔しくて……怒りがおさまらないうちらは無言で店を出た。ごめん!!待って!!するとと声がした。また何か言いたいわけ……?
私はムカつきながらも足を止め振り返った。……。何??しかしそこに立っていたのはさっき部屋に居なかったヤスだった。トイレから帰ってきて私達が部屋に居なかったので追いかけてきたらしい。……。マジごめん!!ヤスはうちらに頭を下げた。
お前ら最低!!!それを見て綾ちゃんがヤスにキレた。
「本当ごめん!俺、今日は本当は来る予定じゃなかったんだけどあいつらに無理矢理誘われて来たんだ……だけどやっぱりこんな結果になって……マジごめんなさい」
ヤスはその場で私達に土下座をした。
ちょ……やめてよ!やめなよ!!いきなりの土下座に私達も驚いた。
「いや、マジ嫌な気分にさせちゃってごめん!」そのままヤスはずっと謝り続けた。
「……わかったからもうやめてよ!」私は土下座しているヤスを立たせた。……。許してほしい「うん、別にヤスにはムカついてないから」だけど、あいつらは最低!綾ちゃんが言った。
「……。うん裕達はいつも合コンすると持ち帰りする癖があってさ……だから俺はいつも断ってるんだけど」その時だった。カラオケ屋から裕ちゃんがハルカの腰に手を回し出てきた。はあ?
何あれ!!
私はムカついた。
デリヘルで遊んでい


風俗業の女の子でない相手
風俗業の女の子でない相手

セックスとは何なのかこの問い

ハルカ!!綾ちゃんが呼び止めた。するとその声に2人が振り返る。
「ちょっとヤス!裕ちゃん連れてきてよ!」おう!ヤスがハルカから裕ちゃんを離した。
私達もハルカのもとに向かう「ちょっと!早く帰ろう!!」大丈夫?
私と綾ちゃんはそのままハルカの手を引っ張た。その時だった……。離してよ!「嫌だ!ハルカが私の手を振り払う。帰るよ!」
「何でよ!酔っ払っているハルカの手をもう一度引っ張った。その時だった………。離してよ!」嫌だ!ハルカが私の手を振り払う。何でよ!帰るよ!酔っ払っているハルカの手をもう一度引っ張った。するとハルカはまた私の手を振り払った。
「帰りたいなら勝手に帰ればいいじゃん!私はこれから裕ちゃんとホテル行くんだもん。」ハルカがニヤっと笑い、裕ちゃんの所に戻ろうとした。……こいつ何考えてるの?するとそんなハルカ見て黙っていた綾ちゃんが言う。
「……わかったわ!勝手にホテルでも行けば?」冷たくハルカに怒鳴った。
「うん行くし!!自分が気に入った男いなかったからってひがまないでくれる」
ハルカも嫌味で言い返した。
「……。ハルカ学習能力ないんだね?好きにして」
「はあ?意味わかんないし!!じゃあバイバイ」……。死ねそのまま綾ちゃんは目の前のタクシーに乗り込んでしまった。
「ちょっ!!綾ちゃん!!」私は慌てて呼び止めたがハルカへの怒りがすごかったんだろう……。タクシーは行ってしまった残された私。ハルカはそんなの関係なく私の事も無視して裕ちゃんの所に歩いて行った。裕ちゃんホテル行こうお一行くぞそして裕ちゃんもヤスを無視し2人でホテル街へと消えて行ってしまった……。
………。ハルカのバカその目の前でヤスもボーッと立ったまま、私と目が合った。
「……ごめん!追いかけるよ!!」……。もういいよ!えっ、でも友達…「ハルカは自分の意思だったから……。心配して損した」
「……。綾ちゃん帰っちゃったね?」
「うん、ハルカが悪いから仕方ない……」
「実花、1人じゃ危ないから送るよ……」
「いや、大丈夫。タクシー拾うから」
「じゃあ、タクシーいる所まで危ないから送るよ!」あ、ありがとう……そして私とヤスは2人、駅の方に向かい歩いた。途中、何度か綾ちゃんに電話してみたが繋がらなかった…………。繋がらない??うん………ダメだ駅に着いた。何台もタクシーが停まっていた
ありがとう。おやすみ私はヤスに御礼を言いタクシーに乗り込んだ。その時だった。財布から1万円札に何か書き私に渡した。タクシー代に使ってこれ、今日嫌な思いさせちゃってマジ悪かった!えつ……いきなりのことにビックリしているとヤスはそのままタクシーのドアを閉め歩いて行ってしまった。

セックスに対する考え方は大きく変わっていくことになったのは確かなことです